入学金が払えない時は教育ローンがおすすめ

入学金が払えない時は

「一生懸命勉強して大学に合格したのに入学金が払えない」というような事態になる人も少なからずいるようですが、そんな時に入学を諦める必要はありません。
家庭の経済状況で進学することが困難な場合は奨学金を利用する方法があります。
また金融機関からお金を借りる場合には返済が長期化することを考えて少しでも金利がお得な教育ローンがおすすめで、入学金や学費だけでなく制服や教科書などを購入するためにも使うことができます。

 

国が行っている教育ローンは金利が年2%代と非常に低く設定されています。
ただしこの教育ローンには所得制限があったり、プランによっては保証人が必要になる場合があります。

入学金が足りない時は教育ローンを利用

 

更に様々な金融機関が行っている教育ローンを利用する方法があります。
銀行が行っている教育ローンの場合、国ほどではありませんが金利が年4%代(キャンペーン中は3%代の所も)などと非常に低く設定されており、もちろん審査はありますが所得制限などはありません。
もし銀行で住宅ローンを利用しているのであれば相談すると金利を優遇してくれる可能性があります。

 

とにかく教育ローンを行っている金融機関は多いので、できるだけ多くの情報を集めて比較することが重要です。

入学金が払えないのなら銀行キャッシングがおすすめ

学費や入学金は高額の借入となる

学費や入学金が払えないという時にキャッシングを利用する際は比較的高額を借りることになり、できるだけ金利の低い金融機関を利用する方が最終的に返済する金額が少なくなることは言うまでもありません。
金利の低い金融機関と言えば消費者金融よりも銀行であり、更に利用限度額も高めに設定されているのでまさに学費や入学金の支払いのために利用するのには最適だと言えます。

 

一方でどこの金融機関でもキャッシングを利用する際には審査が行われます。
銀行は金利が低い分審査が厳しいと言われており、過去に金融事故があった人は銀行キャッシングの審査には通りにくいです。

 

銀行と消費者金融のメリットとデメリットを確認

金融事故とは自己破産などの債務整理をした、1か月以内に複数の金融機関にキャッシングの申し込みをして全て断られたなどのことを言い、これらの情報が信用情報機関に登録されています。
このような人がお金を借りる場合は審査ができるだけ甘い消費者金融を利用することが望ましいですが、消費者金融は金利が高く設定されていたり、既に年収の1/3以上を借り入れている人がこれ以上借りることは難しくなります。

 

銀行や消費者金融を利用することにはこのようなメリットとデメリットがありますので情報を集めて利用しやすい所を選びましょう。